中学生クラス 英語だけ受講しても意味はない??

 

こんにちは。

今日は、中学生クラス

英語1教科をマンツーマン・少人数レッスンする

メリット

についてお話しします。

 

よく聞くお声の中に

「英語をやらせたいけど、他教科も

あるので英語だけにフォーカスして

レッスンするという決断ができない。」

があります。

 

私も母親なので良くわかります。

中学生になると高校受験も控えているので

1教科の為に時間とお金を費やすのに

迷ってしまいますよね。

 

 

最近では、小学校に英語の教科・英語学習の

授業が加わりましたが、文法の本格的

授業がスタートするのは、中学一年生がスタートです。

 

小学生で英会話スクールに通われていても

ほとんどの場合が、発音方法や会話

アクティビティ中心の授業で

まずはABCアルファベットに親しむ

所からのスタートですので

文章の構成などを習い始めるのは

中学生からだと言えるでしょう。

 

多くの日本の生徒のスタートラインが

中学一年生のこの大切な時期に

英語1教科をマンツーマン・少人数レッスンする

メリットをお話します。

 

  • わからない点を早期に解決し苦手意識をなくすことができる。
  • 苦手ではない→積極的に取り組める→得点が取れる。
  • 得点が取れる→得意教科になる。
  • テスト週間の勉強は、苦手教科に力を注ぐことができる。
  • 英語を学ぶということは、どんな分野に進んだとしても役立つ。

 

 

わからない点を早期に解決し苦手意識をなくすことができる。

学校の授業や大手塾の講義では、大人数での授業が主です。

 

大抵は、生徒によって理解できるスピードも違いますし

苦手な箇所も違うでしょう。

 

新しい進出単語を暗記できていない・わからない

まま授業が進んでしまうとそれ以後の授業は

聞いていてもわかりません。

 

HK Englishのレッスンでは、個々の

苦手ポイントを分析し各自にあった

学習ができます。

弱点攻略から苦手意識をなくします。

 

 苦手ではない→積極的に取り組める→得点が取れる。

苦手意識がなくなると自主的に課題に取り組み

簡単に課題を終わらせることができるように

なります。

課題ができるようになるとテストなど得点が上がり始め

自信がつき始めます。

 

得点が取れる→得意教科になる。

苦手科目だったはずが、得点がとれはじめると

不思議な事に得意な科目は??と尋ねると

英語!!!と答えるように変わります。

 

テスト週間の勉強は、苦手教科に力を注ぐことができる。

得意教科である英語は、少し見直すだけで得点がとれるよう

なるため、テスト週間中は、他教科に力を注ぐことができます。

 

英語を学ぶということは、どんな分野に進んだとしても役立つ。

将来的にどんな分野に進んだとしてもその分野での

知識を英語でも得ることができるようになります。

また、日本語だけでの学習するよりも倍以上の

情報やチャンスを得ることができるようになるのです。

 

 

HK English 中学生カリキュラムは

一人一人違います。

単語量が必要な場合は、単語を

文法知識が必要な場合は文法を

文法は、よくできるのにリスニングが

苦手な場合はリスニングを

それぞれバランスを取りながら学び

結果につなげます。

↓シェア リツイート( ^ω^)_凵 どうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です